11月29日☆京都にてMLDセラピー2&3開催!

セラピー2&3コースが11月にJEA京都で開催
Dr.ボッダー式マニュアル・リンパドレナージ(MLD)は、国内外の医療現場でも採用されているリンパドレナージの手法です。医療用リンパドレナージの中でも、元祖であるDr.ボッダー式はその適用がもっとも広いことで知られています。その最上級資格であるセラピー2&3では「リンパ浮腫治療の専門知識」と「技術」を学びます。
アンドレアス・ウィットリンガー
リンパ浮腫への治療「保存療法」の実践技術を習得
リンパ浮腫とはガンの治療やその他の病気の影響により、リンパの流れが妨げられ、主に腕や足などに病的な浮腫(むくみ)を起こす症状です。近年、ますます医療機関での需要が高まっているリンパ浮腫治療への保存療法として世界中で採用されている用手的療法(MLD)および、多層包帯法(圧迫療法)の技術と知識を9日間で集中的に学びます。

講師:アンドレアス・ウィットリンガー先生
ボッダー博士の技術を最も正確に引き継いだギュンター・ウィットリンガーが設立したDr.ボッダーアカデミーのアンドレアス・ウィットリンガー氏が講師を務めます。日本の医療機関でも、リンパ浮腫研修の指導を行っています。

<日時>2017年11月29日(水)~12月7日(木)
時間9:30~18:00 (昼休憩1時間ほか、休憩あり)

<カリキュラム>
1、上肢の続発性リンパ浮腫への治療と包帯法 上肢の続発性リンパ浮腫の治療計画 
2、下肢の続発性リンパ浮腫への治療と包帯法 下肢の続発性リンパ浮腫の治療計画
3、顔面の病理 上肢の続発性リンパ浮腫の症例1
4、下肢両側のリンパ浮腫の症例 上肢両側のリンパ浮腫の治療計画
5、火傷、瘢痕の治療 原発性リンパ浮腫 リンパ浮腫理論筆記試験(1時間)
6、ズーデック骨萎縮、潰瘍
7、包帯法、股関節の病理
8、神経系病理、肩関節の病理
9、実技試験
※毎日、リンパ浮腫治療の実践理論と実技があり、5日目に理論試験、最終日に実技試験があります。

<会場>専門学校 YIC京都
〒600-8236 京都府京都市下京区油小路通塩小路下る西油小路町27 ※予定
<受講料>300,000円+税
料金に含まれるもの:受講料、テキスト、包帯など授業で使用する材料一式、セラピー2&3のDVD
<定員>18名(最小催行人数10名) <通訳>ギル 佳津江(MLDベーシック・セラピー1コース講師・JEA校長)

<受講対象者規定>
MLDセラピー2&3の開催までに下記の条件を満たしている方が対象となります。
1.医師・看護師・理学療法士・作業療法士・あん摩マッサージ指圧師
2.MLDセラピー1を修了している医療従事者でかつライフプランニングセンター 主催の「新リンパ浮腫研修」の全課程(4日間)をすでに修了している方、もしく は修了見込みである方。
★お申込み時にMLDセラピー1の修了証(ディプロマ)と、ライフプランニングセンター主催の「新リンパ浮腫研修」の修了証のコピーを提出してください。もしくはこれから「新リンパ浮腫研修」を受講することが決定している場合は、受講票のコピーをご提出ください。 

※新リンパ浮腫研修の日程が公開されました。(2017/02/02)
募集期間:平成29年6月1日~平成29年6月30日
詳しくはこちら→http://www.lpc.or.jp/reha/modules/newlymph/#menu_5

セラピー2&3再受講制度があります!
過去にセラピー2&3の資格を取得したものの、その後、現場で施術をする機会がなく、手技・包帯法・治療計画の考え方などを忘れてしまったという方のために、再受講レビューとして半額にてご参加いただけるようになりました。再受講した方にはDr.Vodder Academy Internationalよりレビュー修了書が発行されます。(試験はありません)
※当校以外でコースを受講し、セラピー2&3の資格をお持ちの方も受講していただけます。

<再受講制度>
・8日間レビュー・・・・・160,000円+税
・4日間レビュー・・・・・100,000円+税
※MLDセラピー2&3を受講予定の方で、セラピー1の受講、もしくはレビューの受講から2年以上が経過している方は、前提条件として二日間のMLDレビュー参加が必要です。詳しくはお問合せ下さい。

<ディプロマ(資格認定証)の発行について>
全日程出席し、最終日の試験に合格、受講料を完済されますと、Dr.Vodder Academy Internationalよりセラピー2・3の資格認定証を発行いたします。

※内容は変更になる場合がございます。ご了承下さいませ。

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>