蓄膿症手術の後遺症に対するボッダー式MLDの効果                     (MLD講座修了者からの報告)

研究協力者:女性 61歳 既婚 美容関係

症例研究実施者/リンパドレナージ施術者: 加藤安希 Bravo Lab (Therapy 1 修了者)
研究施術開始2013年3月12日 研究施術終了3月24日 全6回

研究協力者の主訴は体全体のむくみを解消させたいとのものであったが、結果的にむくみだけではなく、蓄膿症手術後の左頬の感覚異常と腫脹が軽減された症例である。

IMG_3146

クライアント背景
身体全体に浮腫がみられるが、20年以上昔の、小学生の時に受けた蓄膿症手術の後遺症で、今も左頬全体に腫脹がある(柔らかく、熱はない)。その当時、耳鼻科から薬を処方されたが、薬を使い続けることに抵抗感があり、それは服用せず、温熱治療ほか、複数の療法で対応し、軽快した。
ただ、今現在も目視で確認できるほどの顔面の浮腫があり、眼瞼も腫れている。

現在行っている治療
なし

上記以外の不調
便秘、視力低下、ストレスを感じやすく、時にじんましんが出ることもある

1回目 3月12日 12:59~13:43 43分
施術時間:首21分、顔22分

• 施術中熟睡される。
• 施術後、頭と顔が軽くなった。とてもリラックスした感じがあるとのこと。
• 13日のクライアントからのコメント 「耳の下の皮膚のかさかさが落ち着いて来た、眠りが深くなった、排便回数が増えた、尿の色が濃いように思う」

2回目 3月14日 16:54~18:10 73分
施術時間:首21分、顔24分、腹14分、脚前面14分

• 見た感じとても元気になっている。
• 施術直後のクライアントのコメントとして、「非常にリッラックスし、身体、目がすっきりした、花粉症の症状が軽くなったように感じる。」などが聞かれた。
• 15日のコメント 「日中も眠い、眠りは深い、体は軽い、便秘がある」。

3回目 3月16日 12:03~13:28 82分
施術時間:首14分、顔24分、腹14分、脚前面30分

• とても元気になっている。
• 施術中、熟睡。顔がすっきりしている。
• 15日~18日は便通なし。19日に1回、20日に2回排便あり。
• 鼻水がよく出る。

4回目 3月22日 16:37~18:03 83分
施術時間:首15分、顔25分、腹14分、脚前面29分

• 回数を重ねるごとに元気になっている。リラックスされてすっきりされている。
• 肌がつやつやとしてきれいになっている。
• 花粉症で昨日かゆみあり。鼻水がよく出る。施術後は鼻水がすっきりした感じ。
• 身体がポカポカとした。

5回目 3月23日 10:48~12:14 83分
施術時間:首17分、顔26分、腹12分、脚前面28分

• 施術後すぐに多めの排尿があった。
• 20年前の蓄膿症の手術後、常に左頬にしびれのような違和感があり、気になるため、いつもそこに手が行っていたのが、気にならなくなり、正常に近づいている感じがするとのこと。
• クライアントのコメントとして、「ぐっすり熟睡して眠れているので、朝の目覚めがすっきりしている。」「 顔もすっきりして、肌の色艶が良くなって、チークを塗らなくてよくなった」「体調がとても良いので、歩くスピードが速くなったように思う。
」など。
6回目 3月24日 16:18~17:47 86分施術時間:首14分、顔25分、腹16分、脚前面31分

• 昨日から尿の量・回数が増えている。
• クライアントのコメント 「老廃物が出ている感じがする。」「 朝の目覚めもさわやかで、身体も軽い、お肌もキレイ」

まとめ
身体全体のむくみを解消したいという主訴に対して、6回施術した。症例開始初回では、クライアントは半年前から首にアレルギーが出ていて時々痒みもあり、むくみもひどく(特に顔)、見るからに体調が悪そうだったが、計6回、毎日に近いペースで続けて施術を行ったことにより、明らかに来店ごとに元気になっていった。ドクターボッダー式MLDの施術タイミングとして、施術開始初期は施術間隔を詰めて行うことで高い効果が見られると聞いていたが、それを確認できたと感じる。
主訴の改善にとどまらず、20年来の蓄膿の手術の後遺症である左頬の感覚異常にも改善が見られたことは驚愕に値する変化であった。

Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>