日本人初の認定講師「ギル佳津江」

MLD認定講師 ギル佳津江

1985-1995年の英国在住中、多様な手技療法を学び、アロマセラピスト&ボッダー式リンパドレナージ(MLD)セラピー1セラピストとして活躍を始める。1996年に帰国し、京都にてアロマテラピースクール「ジャパン・エコール・デ・アロマテラピー」を開校。

わかりやすいリンパ学の説明と、丁寧な技術指導で常に高い評価を得ています。 2012年に開催されたIFPAジャパンカンファレンスで、スリミング、デトックス、鎮痛、腰痛、むくみ、過多月経などの改善症例を発表。6回のトリートメントで見られた変化を写真やデータで説明しました。

英国IFPA正会員および同協会認定講師、英国RSA認定スポーツマッサージセラピスト、ボッダー式リンパドレナージュ(MLD)複合的理学療法セラピスト、ボッダーアカデミー(MLD)認定講師、米国ラ・ストーンセラピスト、AEAJ認定アロマテラピーインストラクター、AEAJ認定アロマセラピスト、肥満予防健康管理士、英国RSA認定スポーツマッサージセラピスト 他

  • 「今日から始めるアロマセラピーマッサージ」(風媒社)著書
  • 「100人のアロマレシピ」(風媒社)編者
  • 「香りの百科事典」(丸善出版)共著
  • 「ボッダー式マニュアルリンパドレナージュ(DVD)」監修

認定講師になるには

Dr.ボッダーアカデミー認定講師になるには、MLDのセラピー3資格を取得後、MLDセラピストとして6年以上の経験を経てから認定講師の申請ができます。申請が認められると、各国で開催されているMLDベーシック、セラピー1、各コースのアシスタントを規定時間務めた上で、オーストリア Dr.ボッダーアカデミーでの実技試験とリンパ浮腫専門医師へのリンパ学理論のデモ授業および口頭試験に合格して初めて教える資格が与えられます。ギル佳津江はこのハードルを乗り越えた日本人初の認定講師です。

また、Dr.ボッダーアカデミーのWEBサイトでも、日本のMLDトレーニングセンターであるJEAが紹介されています。ご興味のある方はぜひご覧ください。

Share on Facebook